« 長期滞在、一週間が経ちました | トップページ | 2012.1.15 野田村支援・交流活動 »

2012年1月 2日 (月)

野田村のお正月

大阪大学すずらんの塩田です。

同じく大阪大学すずらんの本山とともに12月30日より滞在しております。

12月31日よりの活動を報告いたします。

31日は午前より泉沢仮設にてすずらんの活動のためのチラシをお配りさせていただきました。お昼からは三陸鉄道久慈駅駅長の橋上さんにお会いし、打ち合わせをかねてご挨拶をしてまいりました。初日の出ツアーのガイドをお任せくださるということでしたが、電車の中でのご挨拶をしなければならないということで、大いに焦りました。

貫牛さんよりご案内をいただき、23時45分ごろより拠点を出発し、海蔵院で鐘をつき、愛宕神社で初詣。新年への祈りを捧げました。除夜の鐘をつくころには実はすでに年が明けていたのですが(笑)

1月1日、天気予報によると曇りだったのですが、起床した4時半ごろはきれいな星空の見える天気となっていました。久慈駅より初日の出列車(豪華な内装特別車両!)に乗車し、まことに僭越ながら少々ご挨拶を申し上げさせていただきました。その後陸中野田駅にて降車し、一石運動の石をお客様と一緒に積み上げました。その後途切れている線路のあたりまで歩き、そこで初日の出を待ちました。

寒さに震えながら待つこと数十分、「おぉぉっ」という歓声とともに、太陽が海面より顔を出しました。海面からの初日の出は、昭和63年以来毎年行われていた初日の出ツアーで過去2回しかなかったそうで、本当に貴重な体験をさせていただきました。

201211

この初日の出に大きなパワーをいただいて、今年も頑張ろうと気持ちを新たにすることができました。

昨年は野田村との出会いによってさまざまな縁の生まれた年でした。さまざまな場面でお世話になった皆さまに心よりの御礼を申し上げるとともに、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

« 長期滞在、一週間が経ちました | トップページ | 2012.1.15 野田村支援・交流活動 »

活動日誌」カテゴリの記事

コメント

岩手への帰省中に大阪大学のチーム北リアスの方をお見かけしました。その時までこのプロジェクトを知らず、なんだろう?と調べてみて初めて知った次第です。多大な援助をしていただいているのに、申し訳ありません・・・お恥ずかしい限りです。

被災地域、しかも北三陸出身なのに自分はほとんど何もできておらず、遠い地域の方がこのような活動をしてくださっていることに深い感謝とともに申し訳なさを感じています。
そして、こうして繋がってくださる方々がいらっしゃることに、勇気付けられます。

本当にありがとうございます。普段は岩手から遠い場所で働いていますが、それでも自分のできることをやっていかなくては、と思いました。

初日の出列車、乗りたかったなぁ・・・


返事が遅くなり申し訳ありません(人><。)
たまたま元気で動ける人間が動いているというだけの話ですので、あまり気が咎めることのありませんように。

ありがたいお言葉ばかり、こちらこそありがとうございます。
今岩手にいる人も、今は岩手を離れている人も、そもそも岩手から遠い人も、みんな一緒になって岩手を元気にしていきましょう!

来年の初日の出号へのご乗車をお待ちしております!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野田村のお正月:

« 長期滞在、一週間が経ちました | トップページ | 2012.1.15 野田村支援・交流活動 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ