« 2月13日~14日NVNADバス | トップページ | 野田村から勇気をもらい、今後の決意を少し »

2012年2月20日 (月)

2月17日~18日浪花左右衛門来村!

大阪大学すずらんの塩田です。
15日はNHKの取材に同行(よくしていただいている、12日にインタビューさせていただいた椎茸農家の方の取材でした)、その後少しだけハウスでの作業のお手伝い、16日は17日のイベントのチラシを配り歩いてました。

17日~18日には第13代浪花左右衛門さんが大阪より野田村に来村していました。お好み焼きを焼いて300年、お好み道の師範だと言うこの方が野田村に来るのは4回目。17日は米田地区の仮設住宅で夜にお好み焼きを焼いておりました。

P2170170

P2170168

米田仮設は子供たちがいっぱいで、いつもは口の達者な浪花左右衛門さんもその勢いを封じられるほどに元気でした。20時21時ごろになってようやく子供たちもおなか一杯になったのか、一人また一人と帰宅していきました。その後はお母さん方とお話ししながらゆっくりとお好み焼きを焼いていました。「炊き出しやイベントを昼間にやるのもいいが、仕事をしてると参加できない」との声もあり、たまにはこういう時間で動いていきたいなと思います。

17日は朝から、東京からのモニターツアーの参加者の方々と一緒に塩づくり体験や塩づくり工房の見学をしてきました!浪花左右衛門さんも一緒です。

P2180182

P2180191

P2180192

塩づくり自体は動きが少なく、じっと待つような時間が過ぎていったのですが、最後の15分ほどはどんどん塩になっていくのが見えて、何か感動的なものがありました。塩づくりは忍耐なんだなあとしみじみ感じました。野田村名物の野田塩は、こうして職人さんの手塩にかけられてじっくりとつくられてくるものなのだとか(塩だけに)。ちなみにこのツアーは岩手日報にも取り上げられていました!

大阪からも、東京からも、もちろん他の地域からも、いろんな方々が訪れている野田村。この野田村で同じ時間を共有した何かの縁、この縁を大切にしていきたいなと思った2日間でした。

浪花左右衛門が本当に300年前からお好み焼きを焼いていたのか?そもそもお好み焼きが300年前に存在していたのか?
信じるも信じないも、あなた次第です(笑)。

« 2月13日~14日NVNADバス | トップページ | 野田村から勇気をもらい、今後の決意を少し »

活動日誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月17日~18日浪花左右衛門来村!:

« 2月13日~14日NVNADバス | トップページ | 野田村から勇気をもらい、今後の決意を少し »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ