« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

10月21日「河合書道教室」開講!

はじめまして!京都大学の河合直樹と申します。
現在は、チーム北リアス共同代表のお一人、永田素彦先生の下で勉強しています。

去る10月21日(日)に「河合書道教室」を開催しました!
今回はこの企画について、ご紹介させていただきます。
Photo
201210212paint 書道教室のビラ

私は(イケメンかどうかはさておき)、幼い頃から書道を続けてまいりました。
発端は、ほんの1か月前。
京都大学で開催された学会に貫牛さんがお越しになった際、
私の書いた立て看板をご覧になって一言。

『書道の企画やろうよ、河合書道教室。』

改まった場で書道を教えた経験はなかったのですが、
「楽しいかどうかは野田のみなさんに決めてもらおう」と腹をくくり、
このたび、どなたでも気軽にご参加いただける書道体験イベント「河合書道教室」が
開かれる運びとなったのです。


時は午後1時。場所は野田中学校仮設住宅「集会所」。
楽しい昼食会が直前まで開かれていたためでしょうか、場の興奮も覚めやらぬなか、
元気な子どもたち4人とスタート!
3
『みんなに守ってもらいたいことが2つあります』

一番後ろに座っている女の子は、お母さんと一緒に参加!
微笑ましい光景です(^.^)
4

まだみんな緊張していますね・・・
5
『これ、なんていうか知ってる人?』『すずりー!!』

大きな声で答えてくれました。
みんなの顔もだんだん緩みます (^^)

6
さあ、リラックスしたところでさっそく一枚目!
811

「書は人なり」という言葉がありますが、
本当に、字は人柄をよく表しますね。
それぞれの書が、それぞれ違った魅力を放っています。

私事になりますが、書のアドバイスをする際は、
「相手のよさや独自性を台無しにしてしまわないか」
と常に自問するように心がけています。
慎重に言葉を選ぶことの大切さを、深く胸に刻んだ瞬間でした。


ここで突然、オーディエンスからリクエストが!

『河合先生の書が見たい!』

・・・ということで、僭越ながら席上揮毫へ。
12_213_2

先ほどまでの喧騒(笑)から一転して、静寂の空間に。
ピリッと緊張の走る雰囲気のなか、みんなからの視線をひしひしと感じ、
こちらの身も引き締まります。

好奇心に満ち満ちた子どもたちの目が、とても印象的ですね。


そんな突発企画の後は、いよいよフリータイム!
参加者の皆さんに自由に書いてもらい、
河合が巡回して一人一人にコメントします。

1518

このブログではすでにおなじみな塩田さんも、子どもたちに負けじと参戦!

19

「塩田だ!!」

親子でコラボする光景も!

20

21

昔に少しだけ筆を執ったことがあるというおばあちゃん。
久しぶりの書道、楽しんでいただけましたか?
22

本日の敢闘賞はこの女の子!
「風」という難しい字に果敢に挑戦しました。
見てください、この紙の山を!!
満面の笑みとともにこぼした『だんだん楽しくなってきた』という言葉は、
今でも忘れられません。
23
『つかれたー!!』


帰り際には、親子でごあいさつ。
この年の子には若干大きい筆だったと思いますが、
ちっちゃな手を使って一生懸命書いてくれました。
お母さんもお上手でしたよ!(^o^)
24
『ありがとうございました』


初めての試みということで、何とか皆さんに楽しんでいただこうと努めましたが、
終わってみれば、むしろ私のほうが元気をいただいたように思います。

それくらい野田の方々は、老若男女問わず活気に溢れ、
逆境の中でも自身の道を切り拓く胆力を持っている、
あるいは、持とうと日々邁進していらっしゃるのだろうと、
短い滞在ながら深い感銘を受けました。

書道は、建物や仕事、対人関係など、今まさに必要とされているものそのものを
創りだすことはできません。
しかし、何かを生み出そうとするときに不可欠な「心」を研ぎ澄ませ、
新たな人間関係を取り結ぶ「場」を提供するものとして、
書道は、微力ながら必ずやお役に立てるものと、若輩ながら確信しております。


次回は、【11月24日(土)午後】に、同じ集会所におきまして、
第2回「河合書道教室」を開催いたします。
席数も16席まで増やしてお待ちしております。
どうぞお誘いあわせのうえ、お気軽にご参加くださいね。

今後とも、河合書道教室をよろしくお願いいたします。

2012年10月24日 (水)

10月20日チーム北リアス大BBQ大会!

大阪大学すずらんの塩田です。

10月20日、チーム北リアス現地事務所の開設1周年を
記念して、大BBQ大会が開催されました。

Img_3039_s
(題字:京都大学 河合さん)

正式には現地事務所の開設は8月26日なのですが、都合により
10月20日にパーティを行うこととなりました。

辺りが暗くなりはじめる17時前ごろになると野田村民の皆様が
集まりはじめ、17時を少し過ぎたころ、僭越ながら塩田の
拙い司会進行の下、会が始まりました。

Img_3045_s

バーベキューにはお肉や野菜、お好み焼き、八戸のせんべい汁に加え、
地元の方々がご提供くださったホタテやサンマ、鮭やしいたけ、田楽など、
とても豪華な食材が並びました。

会も中盤に差し掛かった頃、久々に揃ったチーム北リアスの共同代表、
Img_3046_s京都大学の永田先生、

Img_3049_s
八戸高専の河村先生、

Img_3052_s弘前大学の李先生、

Img_3054_s日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)の寺本理事

の4人からのご挨拶をいただき、その後で野田村の方々からも
ご挨拶をいただきました。

震災から1年半以上の月日が流れた今もなお支援を続けられているのは
それを受け入れてくださる温かい野田村の方々のお陰だということを
改めて認識する機会となりました。

昨年のチーム北リアス現地事務所開設記念パーティ同様60人を
超える村民の皆様がお越しになり、
美味しい料理となごやかな雰囲気に囲まれてボランティアや
村民の皆様同士が交流を深める会とすることができました。
中には20時半ごろの中締めのあとも2次会3次会とゆっくり楽しんで
いかれる方も!(^^)

これからもチーム北リアスは野田村の皆様と寄り添いながら
復興に向けた歩みをお手伝いさせていただきたいと思っております。
今回お集まりいただいた皆様、どうもありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

10月19日泉沢仮設交流会

京都大学の真鍋です。 

本ブログでは久々の登場となります。
昨年は何回か野田村に訪問し、村民の方々にも大変お世話になりました。
このたびは再び長期滞在することになりましたのでブログの記事もアップしていきたいと思います。
さて、10月19日には泉沢仮設住宅で交流会が行われました。 
20121019_3僕は昨年の11月に開かれた第一回の交流会に参加して以来となりますが、久々に参加してみるとさらに多くの方が来て下さっていてうれしかったです。
新潟県の刈羽村の方々も参加して下さり、楽しい交流会となりました。
交流会は今回で12回目なのですが、あわせて私どもチーム北リアスの活動もおかげ様で1年以上経過し、明日20日には現地事務所開設1周年の祝賀会が行われます。
そこで、交流会ではサプライズとしてケーキを用意いたしました!
20121019_6こちらのケーキはみんなでおいしくいただきました!子どもたちも大喜び!
今後も交流会を続けていきたいと思います。よろしくお願いします。

2012年10月23日 (火)

10月16日~18日JA島根来村!

大阪大学すずらんの塩田です。

10月16日~18日にかけて、JA島根より17名の農業ボランティアさんが
来村されました。
被災したJAの組合員である椎茸農家さんのお手伝いということで、
ハウスの整備作業、もともと家のあった場所のがれきの整理作業などを
行い、塩田は皆さんのコーディネートということで、お手伝いをしつつ、
作業の説明や指示の補助をさせていただきました。

Img_2991_s

飛行機、新幹線、バスを乗り継いで遠路はるばる来て下さいました!

Img_2997_s
Img_2998_s

初日は元あったお家の場所でがれきの分別・整理とくぎ抜き作業、

Img_3006_s

Img_3005_s

2日目・3日目はハウス内の環境を整える作業を行いました。

Img_3008_s
 
耕運機を使う辺りさすがJA!といった感じでした。
やはり学生ボランティアにはない手際のよさがありますね。
チームワークも抜群で、作業はぐんぐん進んでいきました。

最終日にお別れ会に押し掛けたところ、夕食をごちそうに
なってしまいました。どうもすみませんでした(-_-;)

Img_3025_s

最後は胴上げで会を終えました。
陽気で明るい島根の方々にパワーをいただきました。
どうもありがとうございました!

9月28日・29日野田村復興応援フィールドツアー!

大阪大学すずらんの塩田です。

大っっっ変更新が遅れておりますが、約1ヶ月前にすずらんを中心に行った
野田村ツアーのご報告です。

詳細はすずらんブログこちらの記事から長々とご紹介させて
いただいておりますので、気が向いた方は読んでみてください。

9月27日~30日の日程で、大阪大学すずらん企画の「野田村
復興応援フィールドツアー」が行われました。
主に大阪大学の学生を野田村に連れてきて、いろんな魅力を体験しよう!
という企画で、今までのボランティアとは異なった形でのバス運行と
なりました。

27日のお昼頃大阪を発ったバスは、28日の朝に到着、丸2日で野田村を
見て回り、29日の夜に出発して30日のお昼前に大阪に帰着するという
弾丸日程でしたが、笑顔のあふれるツアーとなりました。
受け入れ先になってくださったのは、

Img_1454_s下安家漁協の皆様、

Imag0199しいたけハウスの皆様、

Dscn1706
野田養殖組合の皆様、

Imag0304のだ塩工房の皆様、

Img_2906_s安来直売所の皆様、

605グラシアの会の皆様、

Imag0379だらすこ工房の皆様、

Imag0466かまどのつきやの皆様、

20121002t115220_4すみれの会の皆様でした。

それぞれにいろんな発見や楽しさがあふれるプログラムを
用意してくださり、野田村の温かい魅力にたっくさん
触れられた2日間となったのではないかと思います。

そのほか野田村役場特定課題対策課や野田村観光協会の皆様、
久慈広域観光協議会の皆様にもスタッフとして関わっていただきました。

不手際も多く、さまざまな方にご迷惑をおかけする場面もありましたが、
皆様本当にありがとうございました!

2012年10月 4日 (木)

9月23日塩の道歩こう会!

大阪大学すずらんの塩田です!

また更新が遅れていますが、少し落ち着いたので頑張って追いつこうと思います。

9月23日は、野田村の歴史に触れるウォーキングイベント、

塩の道歩こう会が開催されました!

このイベントは、その昔野田村でつくられた塩を載せた牛と

それを引く「牛方」が、内陸、最終地点は新潟小千谷まで

引いて行ったと伝えられている道を、先人の苦労に思いを

馳せながら歩いていくというイベントです。

年に2回開催されており、実は塩田は

春のイベントにも参加させていただいておりました。

今回は2回目ということで、準備にも少し余裕を持った形での参加となりました。

20121004t100809_0

野田、久慈、八戸などから集まった参加者の皆さんと一緒にバスに乗り、

野田村の最高峰和佐羅比山付近に向けて出発!

歩き始めの鉄山跡に到着し、バスを降りるとそこで待っていたのはなんと…

20121004t100809_1
牛さんです。まぎれもない本物の牛さんです。
で、でかい…。

約1tの巨体を持つこの牛さんは、グレート北リアスという闘牛で、

最近めでたく横綱になった実力派です。さすがに迫力があります。

イベントの成就を願って来てくれたとのことでした。

20121004t100809_5

恐る恐る触ってますが顔がこわばっております(笑)。

グレート北リアスは瞬発的なパワーではだれにも負けませんが、

塩の道を歩くにはあまり向いていない牛さんだということなので

ここでお別れをしてウォーキング開始!

20121004t100809_7

20121004t100809_10


途中何か所か休憩をとりながら歩いていきます。

天気が思わしくないですが、歩くにはちょうどいい気候です。

そしてついに和佐羅比山の頂上へ!

20121004t100809_11

むむ。

むむむ。

…空の上の世界に来たような気分です。

下界の様子は真っ白で何も見えません。

前回は非常にきれいな景色が見れただけに、

残念な気持ちが大きかったです。

20121004t100810_13

参加者の方々からも「しょうがないよねぇ」という声が

上がり始めていたそのときでした…!

20121004t100810_15

ほんのちょっとだけ雲に切れ目が!

ほんのちょっとだけ!(>_<。)

しかしこれはこれで貴重な景色を拝むことが

できました。

その後山のふもとでご飯タイムをとりました。

ここではなんと短角牛BBQのお振舞が!

写真も撮らずに夢中になっておりました。すみません。

グレート北リアスに見送られた後だったので10秒ほど

気が引けていましたが我慢できずにいただいてしまいました。

美味しかった!!

昼食タイム中雨が降りしきっていましたが、昼食が終わるころには

天気もだいぶ持ち直し、最後バスの待つスタート地点まで帰って

終了となりました。

あいにくの天気でしたが、大迫力の牛、美味しい牛を堪能させていただきました。

春は天気がよくなることを祈りつつ、次回を楽しみに待ちたいと思います。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ