« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月11日 (火)

12月9日りんご配布(弘前より)

大阪大学すずらんの塩田です。

りんご、お好きですか?
Img_3880_s
サンふじという品種のりんごです。
中には蜜がいっぱい入っており、歯ごたえも抜群!
12月19日は、弘前よりこのりんごを持って、りんご農家の
ご家族が野田村に来村されました。
Img_3875_s_2
このりんごを持って、野田中学校仮設、泉沢仮設へ伺い、
塩田も一緒に仮設のお家を1軒1軒回って配布させて
いただきました。

Img_3877_s_2
このりんご農家の息子さんなんですが、実は
今年の春まで弘前大学の学生で、昨年から
チーム北リアスとして野田村に何度も訪れていた
方なのです。塩田も何度か一緒に活動させていただく
機会があったり、一緒に現地事務所に泊まったり
していたのですが、ご両親がりんご農家であることは
つゆ知らず…。
応援の輪の広がりが感じられた日でした。
僕たちまでりんごをいただいてしまってすみません。
どうもありがとうございました!

12月8日泉沢仮設交流会

大阪大学すずらんの塩田です。

12月8日、ホタテまつりの同日に、泉沢仮設にて
恒例の交流会が開催されました。
今回はホタテまつりに出店されていた刈羽村の
方々も参加され、いつもより一層にぎやかな
交流会となりました。
Img_3821_s
…ご存知でしょうか。「のっぺ汁」。
全国各地に分布している「郷土料理」だそうで、
地方によって作り方が違うんだとか。
不覚にものっぺ汁の写真を撮影するのを忘れましたが、
ニンジンやサトイモなどがい~い感じに煮込まれていて
優しい味でした。

今回の交流会ではのっぺ汁の他にも、新潟の味、車麩の
煮つけや、お漬物、美味しいお酒が刈羽の方々から
振る舞われました。
そして、特別メニューとして網の上で焼かれていたのは!

Img_3825_s
しいたけ、ホタテ、アワビ!!!
香りだけでお腹が空きます。
しいたけは泉沢仮設の方が作られているもの、
ホタテは当日のホタテまつりで購入していただいたもの
(お名前は念のため伏せますが野田村の方からご厚意で
いただいたものなのです!)、
アワビは、…いつの間にか、塩田の預かり知らぬうちに
網にのっておりました。恐らく泉沢の方がお持ちして
くださったのだろうと思います。
アワビはやはり塩田の知らない間になくなっておりましたが、
しいたけもホタテも絶品!!
本当にありがとうございます。

Img_3826_s
刈羽からは23名の方々が来られたために、
半分は屋外でテントを張っての開催となりましたが、
皆さん美味しい料理と美味しいお酒を前に、
話も弾ませておられました。
Img_3836_s
Img_3831_s_2
刈羽村は、2004年の中越地震、2007年の中越沖地震の
両方で被害を受け、しかし多くの方々のご支援により
立ち直りつつある町です。
チーム北リアスの(特)日本災害救援ボランティアネットワークが
中越沖地震以降お付き合いをさせていただいております。
先月の交流会の際には小千谷の方々が来られておりましたが、
今月は刈羽!新潟の方々はパワフルです。
最後にはお互いがっちりと握手をされる場面もあり、
こういった心の交流が続いていくことで、皆さんに元気が
あふれていくようになればいいなと思いました。
刈羽の皆様、泉沢仮設の皆様、どうもありがとうございました!
 

2012年12月 9日 (日)

12月8日「ホタテ祭り」にて

こんばんは!京都大学の小島です。

野田村のホタテ祭りに行ってきましたー。

今回は新潟の刈場村の人達が来て下さいました!!

Img_3788_s_2 のっぺ汁や新潟産こしひかりのおにぎりを頂いたのですが大変おいしかったです\(^o^)/

ホタテ祭りなのでもちろんホタテも頂きました!!

Img_3807_s_2 Img_3808_s











こちらも大変おいしかったです!!

食べ物だけでなく舞台上では様々なイベントが行われていて大盛況でした!!
Img_3810_s
また参加したいと思えるようなイベントであったので来年はみんな参加して野田村を盛り上げましょう!!

2012年12月 4日 (火)

11月24日「河合書道教室」第2回開講!

こんにちは!京都大学の河合です。

10月にスタートしました書道教室、その第2回が1124日に

無事開催されました。
更新が遅くなり申し訳ございません。



前回は満席のため、せっかく来てくださったのに

書けなかった方が多くいらっしゃいました。
そこで、今回は席を増設してお待ちしていたら……


P1000519



10
名を超える方々がお越しくださいました!

ありがとうございます(^^)

今回は皆さんに「神楽」という課題字を書いていただきました。

Imgz031647420001

Imgz031647240001_2

旧暦11月を「霜月」と呼ぶことは有名ですが、

他にも11月には「神楽月」という異名があります。

神楽とは、神前での舞踊のことです。

「出雲大社から帰ってきた神様をお迎えするために」そして

「今年も豊作であったことを神様に感謝するために」、

神楽をよく舞ったことから、この異名がつけられたといわれています。

各月の異名は気候や文化、風習に因んでいることが多く、

人と自然が豊かな野田村で書くにはぴったりの言葉が数多くあります。

もちろん、書道のお手本として学ぶべきところもしっかりありますので、

しばらくは「異名シリーズ」を続けようと思っています。

では、皆さんの取り組みを追っていきましょう!


P1000528


まずは大人グループ。

さすが貫禄がちがいますね…

泰然とした大人たちの姿に、子どもたちの身も引き締まります。

P1000524


大人の方々が互いに学びあう姿もみられました。

こういう光景に立ち会えるのはとても嬉しいですね。

それにしても皆さんお上手な方ばかり……



子どもたちも一生懸命書いてくれました!

P1000559_2



前回「敢闘賞」の女の子。

書いた作品を何度も持ってきてくれました(^^)

P1000555



こちらの母娘も前回に続きご参加くださいました。

お、お母さん、お書きになっているのは我々の団体名ですね!

ありがとうございます<m(__)m>

ちなみに、私の左肩に手を置いている男の子とは、

この後めいっぱい遊びました()
P1000568

お孫さんを連れてお越しくださった方も!

左利きの方は力強い線が持ち味となります。

書道を続ければ、きっと心根のしっかりした男になれるぞ!

そして後方、塩田さん、大はしゃぎ(^.^)

P1000569_2


途中、余興を兼ねまして一筆書かせていただきました。

青淡墨(青い墨を薄めたもの)を使いますと、いつもの墨色とは

異なる独特の味わいを楽しむことができます。

写真は書いた直後に撮ったものですが、しばらく置くと幽玄な線質に変化するのです。

皆さん、お楽しみいただけましたか?

P1000549 P1000551

今回は、料理教室とフェンシング教室も同日開催されたこともあってか、

大変多くの方にご参加いただけました。

本当にありがとうございました。

参加者が多くなるとどうしても一人ひとりの方とお話しする時間が

短くなってしまうのですが、「参加者どうしの学びあい」や

「主体的な取り組み」が所々で起こっていて、

場全体がとても充実した雰囲気に包まれていたように思います。

個人技である書道をあえて集まって一緒にやることの意義は、

まさしくここにあるのでしょう。

来るたびに新たな気づきと発見が得られる、本当にありがたい機会を

いただけているなあと感じています。

気がかりとしては、参加者の皆様にどれほど満足して

いただけているのだろうかという、ただ一点……(>_<)





さらなる前進を求めて、
12月もやります!第3回河合書道教室!!

日時は、【1222()13:00~】、場所はいつもどおり集会所です。

今度は開催時間を延長して17:00頃までゆったりとやりたいと思います。

これまでお時間の都合でお越しいただけなかった方も、

ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね!

今後とも河合書道教室をよろしくお願いいたします。

11月24日ウクライナ料理教室

京都大学のインナです。11月22日~25日の間野田村に滞在していました。

日本にいる間に日本と母国のウクライナとの共通点を
いくつか見いだしましたが多分最も大事なのは、
楽しい食事を通して豊かな人間関係を築くという共通点です。
11月24日野田村の中学校仮設住宅で開いた「ウクライナ
料理教室」はその共通点を生かす機会になりました。

20121124version20121121001

20121124version20121121002
実は今回は2回目でした。8月末に開いた料理教室で
野田村の材料を使ってウクライナのロールキャベツと
チキンキエフを作ったので今回のメニューは
ウクライナ水餃子とも呼ばれる寒い季節にぴったりの
ワレニキにしました。
これです!
2
3
ワレニキは半月の形を持ち、小麦粉に水を加えて
薄くのばしてつくった皮で、じゃがいも・キャベツ・
肉・キノコ・チーズ・イチゴなどの果実で作った
具を包み、茹でた食べ物です。
ワレニキを作るのにかなりの時間も手間がかかるので
家族全員で作るのも珍しくないです。楽しいし!
4
今回は中身4種類のワレニキを作ることにしました:
トマトで味つけたキャベツ、マッシュ・ポテートとキノコ、
カッテージ・チーズとレーズン、そしてイチゴ。
料理の作り方を説明したところで「えー?餃子の中に
イチゴなんか入れるの?」とか「キャベツの餃子の味を
なかなか想像できない」とかの驚いた声があったんです
けれどもみんなで仲良く料理を作り始めました。

5
ご覧の通り、今回のメンバーはお母さんたちだけでは
ありません。料理教室のまえに開かれた河合さんの
書道教室に参加してくれた子供も積極的にワレニキの
作り方に力を入れました。
おじさんたちはのぞいたり質問したりして料理が
できるのを待っていました:)

6_s
ワレニキは中身が違うものの作り方は餃子に似ている
ので実は私も色々教えて頂きました。
そしていよいよ出来上がりです!
みんなの努力のお陰でこんなものが作れました!
1
皆が心配していたイチゴの水餃子ですが、人気#1だった
のであっという間に食べられてしまい、写真をとることすら
できませんでした:)
皆さん、ワレニキを気にいってくれてありがとうございました!
今度また野田でウクライナ料理を作りましょう!

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ