« 9月21日「第1回コナモンWORLD選手権」開催! | トップページ | 6月23日「河合書道教室」第10回開催! »

2013年9月29日 (日)

6月22日「河合書道教室」第9回開催!

こんにちは,京都大学の河合です!
6月の書道教室は,なんと2日間連続開催でした。

初日は泉沢仮設住宅!

2月以降なかなか開催できなかったのですが,
「楽しかったのでまたやってほしい」という声を多くいただきまして,
このたび4か月ぶりに開催しました。

1_800x600

当日はお昼からバーベキューを控えていたため,なんと朝9時スタート!

さすがにこんな朝っぱらから開催するのは初めてでしたが,
予想以上に多くの方に来ていただけて,ほっとひと安心。

2_800x600


3_800x600


4_800x600


5_800x600

いろいろな層の参加者が集うのがこの書道教室の大きな特徴ですが,
今回は特にそれが顕著に表れていました。

お年寄りの方だけでなく,親子や留学生(!)も参加くださり,
会場全体が明るい雰囲気に包まれていました。

6_800x450


7_800x600

こちらのおじいちゃんは,「歳徳神」という言葉を書かれています。

恵方に位置し,その年の福を司る神さまのことです。
昔お父さんがこの言葉を書にして神棚に飾り,
新年になると家族みんなで拝んでいたそうです。

「こうした風習がなくなってしまうことは悪いとは思わない。文化というのは
時代とともに移り変わっていくものだから。」

自分の中の思い出を大切にしながらも,その郷愁に埋没せず
今を見据えるそのお姿が大変印象的でした。



最近よく思うことなのですが,「書いているときの顔」と「書いた後の顔」は
ずいぶん違うなぁと感じます。

書いた後は,みなさんとても晴れやかなお顔をされます。
「楽しかった」と素朴に満足感を露わにされる方もいれば,
「暗い気持ちが晴れた」とかみしめるように語る方もいらっしゃいます。


しかし,書いている最中は事情が全く異なるようです。
誰一人として笑っている人はいない。話している人もほとんどいない。

ただひたすら眼前の書に向き合い,
自分だけの時間を自分のペースで過ごされています。


実は先日,京都・祇園の建仁寺というお寺で早朝座禅を体験してきました。

座禅において大切なのは,心身を<いま,ここ>に集中させ,
心に次々と浮かんでくる感情や雑念を(受け入れるのではなく)
「受け流す」ことなのだそうです。

この時間を丁寧に過ごすことによって,
まわりの人に対する配慮や寛容さが生まれ,
少しずつ幸せにつながるのですね。

「両手を合わせて拝む姿が,もっとも美しい」とは当日お説教をされたお坊さんの
言葉ですが,
私なりに言い換えれば「筆を執って書に臨む姿が,もっとも美しい」と
思います。

書道教室が,みなさんの日常の中のよい「息抜き」の時間になればと願っています。

« 9月21日「第1回コナモンWORLD選手権」開催! | トップページ | 6月23日「河合書道教室」第10回開催! »

活動日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月22日「河合書道教室」第9回開催!:

« 9月21日「第1回コナモンWORLD選手権」開催! | トップページ | 6月23日「河合書道教室」第10回開催! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ